Leo Bunksで車遊泊

birdbunks.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 28日

キャンティーンカップを磨いてみた!

e0100043_20114972.jpg 久々の炊飯とガスストーブの不調焦がしてしまったステンレス製「キャンティ-ンカップ」!ですが、ネットを調べた「酢や重曹」を使用しての「焦げ落とし」をやって見ましたが、今一つ満足出来ません。何回か繰り返すと効果が有るらしいです。001.gif

 更に他の方法をネットで調べて見ると、「鍋とぎ職人」の動画を発見!紹介されている方法でやって見ました。045.gif

用意する物

・1000番耐水ペーパー(100円程/枚)
・ピカール(350円程)
・中性洗剤
・ウエス



e0100043_20125980.jpg焦げ落とし方法

1.1000番の耐水ペーパーを作業しやすい大きさに切ります。
2.耐水ペーパーでザラザラ感が無くなり、均一になるまで焦げを落とします。
3.ウエスにピカールを付けて、仕上げ磨きを行います。
4.中性洗剤で良く洗って、水気を取って完成です。


 今回も小さな焦げが数ヶ所残りましたが、満足できる仕上がりです。003.gif

e0100043_2014297.jpg どうせなので、キャンティーンカップの外側も磨いたところ、焚火で残っていた煤や変色も落ち、綺麗になりました。038.gif

 この方法は鍋の内面を均一にすることが出来、焦付きやすくなった鍋の焦付き防止にも効果が有るようです。お試しあれ!006.gif

[PR]

by birdbunks | 2016-04-28 20:20 | アウトドア | Comments(0)


<< OD缶⇒CD缶変換器到着&試運転!      火起こしグッズ製作! >>